ダイエットにとって炭水化物は大敵?

ダイエットを目指している人からすれば、炭水化物を含む食材は好ましくはないといいます。
炭水化物と糖分を含む食事は脂肪がつきやすいためです。
人間の体は、食べ物から補給したエネルギーが余ると体外に排出せず、一時的に脂肪として体の中に保持しておこうとします。
インシュリンというホルモンが働いて余ったエネルギーを脂肪に変えるといいます。
血液中の糖分が増えると、インシュリンが分泌されます。
インシュリンは血糖値が高くなればなるほど分泌され、脂肪を体の中でつくってしまいます。
炭水化物を摂取した場合の血糖値は、肉を食べた時よりも急激にアップすることが指摘されています。
脂質を摂取しても、血糖値の変化はゆるやかです。
ダイエットに炭水化物が問題視されるのは、体内で糖に変化するという炭水化物の特性にあるといえます。
うどんやパスタなどの麺類、パン、ご飯類が炭水化物を多く含みます。
主食として食事に必ず登場する炭水化物は、うっかり食べすぎてしまう可能性があります。
ダイエット中の場合は特に気をつけましょう。
本当にダイエットをしたいと思うのであれば、炭水化物を控えるようにするのがおすすめです。
人気のあるダイエット方法の一つとして、毎日の食事の中から炭水化物を極端に減らすというやり方もあります。
カロリー制限食ではなく、炭水化物制限食を主体とした食事の見直しによってダイエットがうまくいったという人もたくさんいます。
こちら