住宅ローン借り換え審査に通らない原因は?

住宅ローンの借り換えは、新しくローン契約する銀行から融資を受けて、現在融資を受けている銀行に一括返済するしくみです。
つまり、ローンの組み直しをするわけですから、新規のローンを組む銀行の審査を受けることになります。
この審査は、最初に融資を受けた時の審査に比べて厳しくなることがありますから用心してください。
特に考えられる要因としては、不景気の影響で住宅購入時よりも不動産価格が下がっているので、担保となる住宅がローン残高よりも評価額が低くなっていることが多いという点です。
銀行側は、その不足分を借り手の信用で穴埋めして融資するわけですから、審査が厳しいのは当然だと言えます。
しかし、穴埋めの部分をどう評価するかは銀行によってまちまちなので、とにかく諦めずに数多くの銀行に申し込むことが融資浪人しないための保険になります。
住宅ローンの審査基準が甘いフラット35とは?